どんな車両がおすすめなの!?良質な中古車を選ぶにはどうすれば良いのか


走行距離やオプションなどを確認しよう

できるだけ安く中古車を購入したいときには走行距離に注目してみましょう。基本的に中古車は走行距離により販売価格が変化します。走行距離が多ければ多いほど販売価格も安くなりますが、逆に走行距離が少ないと高い金額で売られています。車は走ることでパーツが劣化するため、走行距離の多い車は少ない車よりも劣化が激しいです。その分安価な金額で購入できるのがメリットです。劣化しているとはいえ普通に使うのなら特に問題はありません。

特に販売価格が安くなるラインは走行距離10万キロです。中程度のクオリティで良いのなら3万キロや5万キロの中古車にしましょう。次にオプションですが、これは少ないほど販売価格が安くなるのが特徴です。メーカーの純正パーツが多いとその分販売価格が高くなってしまいます。特にサンルーフや本革シートが装備されているものは高いです。

認定中古車はクオリティが高い

認定中古車とは、正規販売店が独自に定めた厳しい条件を満たした良質な中古車を指します。一般的な中古車と比べるとクオリティが高く安心して購入できるでしょう。厳しい検査を行い一定値を超える品質の中古車だけを販売しています。認定中古車は新車レベルの保証も付帯します。トラブルが起きる可能性も少なく、万が一トラブルに見舞われても保証で対応してくれるのが強みです。車両のチェック項目も多く車検レベルの点検を行っているのが魅力です。第三者機関を利用して客観的かつ公平的に評価を行っています。年代の経過している中古車でも満足できる品質です。

ボルボを仙台で購入するるのなら駅近くの専門店を利用しましょう。アクセスしやすいだけでなく、気に入った車種がなければ系列店を紹介してもらえるので気軽に相談をすることも可能です。

Read More